マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆人生◆◆◆ 人間関係のマネージメント

私は三人兄弟の末っ子です。

自他ともに認める頑固者。

 

しかし、齢を取ると共に変わりつつあります。コンビニ業界に転職したのがきっかけかも知れません。

 

コンビニの場合は、技術や体力などを殆ど必要としません。極端な話、目と鼻と口が付いていれば、取りあえずは雇います。

なので、コンビニで何が評価されるかと言うと従業員同士のコミュニケーションの力なのです。

 

頑固一徹、仕事一筋だった私は、コンビニで仕事を始めた頃は、オーナーに「他人と上手くやって。」と良く言われたものです。

コンビニには頑固者は必要ありません。

店を何件か変わって、何年もやっていくうちに、私も変わり始め、「他人と上手くやる。」「他人を上手く使う。」事が出来るようになって来ました。

 

その中で気づいた事は、「他人を変える事は出来ない。」「自分が変われば他人は変わる。」と言う事で、最終的に「他人が自分自身で変わる様に仕向ける。」のがマネージメントだと気づいたのです。

 

コンビニには色々なタイプの人間がいます。社会経験の少ない人(オバサン、高校生、大学生、外国人、フリーター)が大多数を占めていますので、人間関係が少し厄介です。

 

彼らは、身の程を知らず、自分の論理だけを展開します。

しかし、そこでは全否定をせずに、主張を認めつつも、社会では通用しない事を教え、自分が変わらなければ、何も変わらない事を気付かせなくてはいけないのです。