マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ スルガ銀行を売却。インバースを指値注文しました。

先日買ったスルガ銀行が爆上げしました。

と言っても2割ほどですが(笑)

 

その代金の一部でインバースを指値注文しました。注文の内容はトップ記事に出るようにしてあります。

 

何度も言ったと思いますが、インバースは、しこたま買い込んでも、融資の担保として使うので全く問題ありません。

個別銘柄のリスクヘッジを兼ねているので、証券保有額の半分を占めても良いくらいです。

◆◆◆◆未来◆◆◆◆ AIの実用化でホワイトカラーが失業? ブルーカラーになればいいじゃん。

オックスフォード大学の教授の論文で、AIの実用化によってホワイトカラーが失業すると発表されたそうです。

 

じゃあ、ブルーカラーになればいいじゃん。

ある意味で、どうでもいい仕事をしている人も多いでしょうから、ネクタイを外して現場に出ればいいだけです。

 

現場も人材は不足していますから、ちょうど良いと思います。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ 今月買いたいのは、東海カーボンとステラ ケミファ

東海カーボンは前から見ていた銘柄です。

今月、余裕があれば買いたいです。

こちらは主力にしたい銘柄

 

ステラ ケミファは、例の韓国がらみの銘柄です。

国内で3社しか作っていないそうで、その3つの中で買えそうな銘柄です。

今買って5000円くらいで売れないでしょうかね。

この後、上か下かは知りませんけど、チョイ買いするには良いと思います。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ え? 大正製薬が大幅下落。なんでかな?

理由は知りません。

無借金ですし、ちょこっと買いたいです。

https://www.nikkei.com/smartchart/?code=4581&timeframe=10y&interval=1Month&upperIndicators=sma&lowerIndicators=volume&eventsShow=0

◆◆◆◆時事◆◆◆◆ 人材不足と嘆くしか能がない会社(その2)

人材不足と嘆くしか能がない会社(その1)←前編

 

色々な職場を経験して来て、分かった事があります。

 

良い会社は従業員を大切にします。

人間扱いをしてくれます。

それは福利厚生がしっかりしていると言う事です。

 

(1)制服は新品が支給される

⇨当たり前の事なのですが、これを渋る事業所があるのです。

 

(2)荷物や私服を入れるロッカーがある

(3)十分な広さの休憩室、椅子、机がある

⇨事業所の設計が根本的におかしい場合があります。

 

(4)給料の締日から支給日までが短い

⇨何の為に長くしているのか分かりません。

 

(5)トイレが清潔である

⇨人間扱いをしている証拠です。

(6)更衣室がある

⇨これも設計段階(思想)の問題です。

(7)交通費が出る

⇨最大で500円程度でも出すべきでしょう。

(8)手を洗う場所がある(湯が出る)

⇨これも人間扱いに関する事柄。

(9)食堂が美味い

⇨大手企業の場合です。

(10)すぐに休める

⇨フォローする体制が整っていると働きやすいです

 

人によって優先順位は違うでしょうが、私の場合は、こんな感じです。

◆◆◆◆時事◆◆◆◆ 人材不足と嘆くしか能がない会社(その1)

人材不足と嘆くしか能がない会社(その2)←後編

人材と言っても私が住んでいる下級労働者の世界の話です。

 

世の中には働きたい人や、お金に困っている人は掃いて捨てる程います。

要は雇う方が、人の集め方や、永く勤めて貰えるような雇い方を知らないだけです。

 

最近、最低賃金が20円ちょっと上がりましたが、一般的には900~930円だと思います。

首都圏の場合は異常な状態で、他府県とは事情が違いますので無用な突っ込みは無しでお願いします(笑)

 

最近の時給(労働者)市場は、フルタイムよりも単価を上げてパートタイムで雇う会社が少しずつですが増えてきています。

その方が会社も労働者もWIN-WINだからだと思います。

 

ただ、パートタイムだと稼げないので、副業として片手間でやる(ヤル気のない)人が応募して来る事が多いです。

 

しかし、中には本業の傍ら、副業で生計を立てているような人もいるので、そこの見極めや振り分けをする為に、まずは出来るだけ多くの人間を面接に来させないといけません。

その為には、既存(試用期間をパスした)パートには気前よく1300円くらい払う必要があります。(日勤も深夜も同額で法的には問題なし)

但し、募集要項に試用期間3カ月~6カ月くらいを最低時給で設定して、ヤル気のないパートの応募を防止します。

そして試用期間をパスした人間を正式雇用して時給1300円を払うのです。

 

結局は、募集費用を掛けて雇っても、半人前になるまでに辞めてしまい、何も出来ない間に払った無駄な賃金を考えたら、既存のパート(勤続半年以上)に1300円払っても十分ペイ出来るのです。