マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆投資◆◆◆ いざ進軍!

転職の危機、併せてロスカットの危機を乗り越え、短期経営計画も定まった今、新たな週を迎えて、再び戦いへと向かいます。

 

とは言え、今日はコンビニアルバイトが休みだったので、会社の簿記と、購入した書棚の置き場所を作るために事務所のレイアウト変更と掃除をしました。

 

早く社員を雇い、このような事は社員にやってもらいたいものです。

◆◆◆経営◆◆◆ 新会社 設立決定

腹が決まりました。
新会社を来年1月に設立します。(今、設立すると一期目が半年になってしまうので決算費用がもったいない)


会社名は、『〇〇〇〇〇〇〇〇 ホールディングス』です。

新会社の名刺は既に作ってあるのですが(笑)、印鑑も今日注文しました。疾きこと風の如く、ですね。

 

この会社は資金繰り用の会社で、融資を受けるのに設立3年以上で、債務超過でない会社であるとの条件をクリアする為に作ります。
当然、融資は4年目以降になりますから、決算や納税は3年間は放置する事になります。ある意味ノウハウやね。これ。

 

ちうか、経営者たのちーい!!!

◆◆◆銘柄◆◆◆ マックスバリュ東海

とある理由から、食品スーパーを物色していたら、マックスバリュ東海を見つけました。

 

えーっ!

こんな銘柄がPBR1倍以下で放置されているなんて。

来週以降、この銘柄が上昇したら、このブログのせいです。きっと。

◆◆◆経営◆◆◆ 新規法人設立か

常々、説明しているトライアングル ロンダリングですが、その中核になる証券担保ローンにおいて重要な事があります。

 

それは融資を受ける際の金利なのですが、個人口座で融資を受けている間は、金利を経費(損金?)で落とす事ができません。

 

法人で融資を受ける場合、大和証券からになるのですが、その時の条件として、

(1)設立から3年以上

(2)直近の決算で債務超過でない事

が条件です。

 

そうなると、収益以上に経費を垂れ流している現存の法人(そう言うスキームなのです)では融資を受けられませんので、新たに法人を設立して、まっさらな法人を用意する必要があります。

 

新規法人の役割は、現存の法人から塩漬け銘柄を引き受けて、それを担保に融資を受けて、その資金を私本人を経由して、現存法人に還流させる役割で、もともと値下がりした株を引き受けるので、大きな債務超過になる事はないだろうと踏んでいます。

◆◆◆方針◆◆◆ 短期の投資方針を決定

毎日、グルグルグルグルと妄想?を繰り返しているのですが、短期的な投資の方針を決めました。

まずは、個人口座でコムストックローンの融資を受ける事を目指します。

 

融資を受けるには個人口座で現物株式を50万円以上保有する必要がありますが、保有するまでに半年から一年くらいの時間を要するので、資金を効率的に運用する為に、まずは法人口座にダブルインバースを含めた現物株式を50万円増やす事にします。

 

法人口座で50万円増やした時には、総資産は100万円程度になっているので、その中から塩漬けになっている銘柄をピックアップして売却、代金を引き出して個人口座で買い直し、それを担保に融資を受けるのです。

 

遅れている28年決算を年内に行う計画でしたが、先に融資を受ける事を優先します。融資を受けた資金で決算を行えば良い事に気づいたのです。

 

◆◆◆株式◆◆◆ 2017年上半期の成績

プラス2万円でした。

 

元々、私のやり方は、下落した銘柄は塩漬けして、利益が乗った銘柄だけ利益確定するので、取引損益はプラスになるのが当たり前です。

 

塩漬けの銘柄は大和証券に移管して、固定資産??として認識して、株式を担保に評価額の60%の融資を受けて、SBI証券の口座へ運用資金として還流します。

 

だだ、保有銘柄の見直しを行って、一部の銘柄の損切をしても2万のプラスなのは良いと思います。

 

 

◆◆◆銘柄◆◆◆ SBI証券を購入

ある程度まとまった金額なので、現在の持ち高が小さいSBI証券を購入しました。

 

久しぶりに、銘柄の出し入れを多く行ったので、受け渡しが完了するまで、4~5日はバランスシートのUPはしません。