マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆購入◆◆◆ 楽天市場のメールに釣られました!

何気に楽天市場のメールを読んでいたら、オフィス用の足温?ヒーターを買ってしまいました。

送料込みで7800円です。

 

あらら、しっかり釣られとるやん(笑)

◆◆◆節税◆◆◆ ついに社会保険を掛けました!!!

実に簡単です。

年金事務所に行って、教えてもらいながら30分程度で終わります。

これで年間10万円の節税です。

 

更に、会社負担分の15万円と給料の24万円を合わせて約40万円の経費(損金)を計上する事が出来ます。

 

まあ、給料計算をしなくてはいけないので、税理士費用が多少上がりますけど、細かい事はキニシナイ。

そっち(経費)は為替で稼げば良いのではないでしょうか。

◆◆◆FX◆◆◆ 私にとってメリットがなくなった『H通商』

初めてFXに手を染めてから永らく苦楽を共にしてきた『H通商』ですが、FXが分かってくるうちに、私にとってのメリットが無くなりました。

 

まず、昔は少なかった1000通貨での取引も今では当たり前になりつつあります(1通貨の業者もある)。

一部の高金利通貨のスワップを高く設定していますが、他の通貨のスワップがハチャメチャなので、手広くヘッジしながら取引しづらいです。

他の業者と分散して、メリットだけを享受すれば良いのですが、分散するとレバレッジ管理や資金移動が面倒なのでやっていません。

 

イベントやプレゼントなどで顧客を引き付けているようですが、私は基本はスワップ派なので、特に興味はありません。

 

以上の理由から、去年1年間、全く取引をしませんでした。

おそらく今後もしないと思われます。

◆◆◆収支◆◆◆ 転職後の可処分所得は約12万円

試算した所、転職後の可処分所得は、

約12万円である事が分かりました。

 

そりゃそうですよね。

収入自体が10万近く違いますから。

しかも仕事も楽になるし。

 

でも、ここから会社の経費や借入の利息を支払い、残った額を投資しますので、毎月の新規投資額の平均は5万円くらいではないでしょうか。

 

今年は良い年になりそうです。

◆◆◆株式◆◆◆ へぇ、東芝メモリはHOYAが引き取るのか

東芝関連のニュースは気にしていたつもりでしたが、メモリ事業をHOYAが引き取る(出資する)とは知りませんでした。

 

早速、HOYAを注目銘柄に追加しました。東芝本体も増資が決定したので、値を戻してくるかも知れません。

◆◆◆FX◆◆◆ 日額SWは約400円でした

スワップ日額(以下、SWDと略)SBI証券で350円、くりっく365で50円、合計で約400円でした。

月額12000円、年額約15万円。

 

この所、高金利通貨が安定していますが、急変しても、くりっく365のCHF両建て2枚を決済すれば急場をしのぐ事は可能なので万全の状態と言えるかも知れません。

 

2月から月収30万円の仕事に転職しますので、今年の展望は非常に明るいです。

◆◆◆人柱◆◆◆ フリーターの節税対策

私はフリーターですが、フリーターもサラリーマンと同じで、節税の手段が限られていると思います。

 

しかし、フリーター(社保なし国保加入)の場合は、法人を持つことによって、国民健康保険料から社会保険に変更する事によって保険料を節約する(安くなる)事が出来ます。

 

どれぐらい安くなるかなど、詳しくは自分で調べてもらうとして、社会保険にすると言う事は厚生年金になりますので、確か年金が2階建てになってもらえる額が増えると聞いたことがあります。

更に、会社負担分を経費として計上する事ができます。

もっと言えば、家賃や水道光熱費などの生活費の半分も経費に計上できます。

 

くだらないNISAなどはやめて法人経営をする事をお勧めします。