マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆◆FX◆◆◆◆ 恥ずかしい話。

いつも偉そうな事ばかり書いてますが、私の取引単位は1000通貨です。

 

分相応なので恥ずかしいとは思いませんが、誇れるものでもないので、詳細金額等は公表していません。

 

1000通貨だと効率よく差益を取れるのですが、スワップの面で少し不利があります。

それを解消する為に投資資金を今の10倍に引き上げて、一万通貨で取引しなければなりません。

最終形(理想)はスワップが一本値である『くりっく365』に、塩漬けのポジションを移行する形です

 

地道にコツコツと小幅の利益を積み上げてはいますが、それ以外にも、コツコツと毎月の増資を重ねて行き、1万通貨で取引出来る様になるまで頑張るしかありません。

 

人生、一寸先は闇。

予定は未定ですから分かりませんが、だいたい3年くらいかかるのではないかと思いっています。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ 良品計画を推奨

一時は4万円を付けていた株価が現在は2万円前後になっています。

 

素人目には財務も良くなっている様に見えますし、一時的に低迷して復活した任天堂を彷彿させます。

 

とにかく強い企業体質だと思います。

お金持ちの方は、下げた今が買い時だと思います。

 

いつも通りの素人判断です。

投資は自己判断、自己責任でお願いします。

◆◆◆◆FX◆◆◆◆ そもそもスワップ生活が成り立つのか?

金利通貨のスワップで生活するには日額10000円として、100万通貨ほどの保有が必要になります。

 

殆どのスワッパーが含み損に苦しんているのは周知の事実ですが、仮に今後、高金利通貨が20円上昇した場合、2000万円の含み益を抱えた時に、そのまま利益確定せずに居られる人がどれだけ居るのでしょう?

 

私なら20円の上昇すら待つ事が出来ないでしょうが、誘惑に負けて利益確定してしまえば、

それはスワップ投資ではなくスイング取引です。

 

従って、含み損と言う足かせがあってこそスワップ投資が成り立つ事になり、スワップ投資の最終到達地点は

チャラと言う事になるのではないでしょうか。

 

全てを失いかねないハイリスクを取り、大事な資産を長期間に渡って死に金にして、最終的にチャラと言うのは、私には選択しづらいです。

◆◆◆◆FX◆◆◆◆ 捕らぬ狸の皮算用

ここの所は円売りが約40%、口座全体のレバレッジは約20倍で推移しています。

 

仮に原資が1000万だとすると建玉は2億円、想定含み損は150万円、想定裏スワップは180万円です。

 

ローリスク投資としては、まずまずではないでしょうか。

そして、この方法の良い点は、含み損が増えない(増えにくい、コントロール出来る)ので

いつでも止められる

事です。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ 双日を注文しました。

確か、ホンダジェットの記事で見かけた様な気がします。

航空事業を手掛けているような。

 

調べてみたら商社でしたが、とりあえず財務も悪くなく配当も良いので買いました。

 

銘柄の良し悪しは分かりません。

どうせ10%上げたら売ってしまいますから。