マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

◆◆◆FX◆◆◆ 更なる柔軟性を身に付ける

「スワング投資法」はスワップを狙う投資法でもあるのですが、ポジションの取り方も柔軟性が出てきました。

 

ポジションの柱はトルコ円とランド円です。

これらのペアはスワップが高いので、スワップ収益の柱ですので、簡単には決済しません。

年間で3万円以上のスワップが期待できるので、相当な差益が出なければ決済をする意味がないのです。

 

他にスワップが高いのが、メキシコペソ円ですが、こちらはスプレッドが大きく、ポジションを建てただけで5000円のマイナスになります。

なので、メキシコペソ円は、そこそこの利益が出たら決済します。

 

他はメジャー?通貨です。

米ドル、豪ドル、NZドルですね。

1000通貨で大体3~4円のスワップなので、主に差益狙いで、1000通貨で500円程度の利益でも確定します。

これらの通貨が逆行した場合は、1000通貨で1500円の含み損を目途に、新にポジションを追加する予定です。

 

一方、リスクヘッジの円買いポジションのメインは、1000通貨のミニユーロ円と、単価の低いスウェーデン・クローナ円です。

 

単価の高いスイス円は、含み損に耐え切れず決済した後、下落してしまい、みすみすチャンスを逃してしまいましたが、今後、スイス円が上昇した時に資金に余裕があれば建てる予定です。