マックでバイトしてた社長のブログ

40歳を機に、資産管理会社を設立し、得意とするFXや株式売買で資産増大を目指しています。本業は派遣社員で投資資金稼ぎにバイトしてましたが、バイトが本業になってしまいました。

スワング投資の基本理念

大幅な含み損を抱えた場合でも、それは大きなチャンスが到来したと言える。
同じ通貨ペアを追撃する事により為替差益を得る事ができるし、含み損を抱えたままスワップを貰い続ける事ができる。

 

新しく追撃したポジションに含み益が出た場合、更なる利益を狙ってポジションを持ち続ける必要はない。それはそれで利益確定して証拠金を増大させれば良い。


今、含み損を抱えているポジションが決済できないのであるから、それをそのまま保持し続ければ、新しいポジションを保持し続ける事と意味は同じであり、また、利益が乗っている新しいポジション保持し続けたからと言って更に利益が乗るかどうは分からない。ならば、早々に利益を確定した方が、今後の選択肢が広がる。

 

常に都合の良い解釈をする事によって、良い面を伸ばして、口座を破綻させずに維持しながら、スワップ収入と為替差益の2本の柱で証拠金を増大させる。

これが「スワング投資」の基本理念である。